読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

キッチンメイド カフェデラボーンへ女一人で行ってみた

コンカフェ一人突撃シリーズ、出張編!!!

名古屋へ行ってきました!!!

何故かって?

 

 

成瀬あんずちゃんに会いたかったからです!!!

(あんずちゃんかわいすぎてドーナツになりたい) 

 

名古屋遠征の理由、成瀬あんずちゃん

成瀬あんずちゃんは、アイドルグループ「さくらシンデレラ」のメンバー。

以前名古屋でふらっとステージ併設型カフェ「アイドルステージ」へ行ったときに一目惚れしました。

くるくる変わる表情とパワフルなパフォーマンスが最高に可愛い。人類の奇跡。

 

さくらシンデレラメンバーには基本的にアイドルステージで会えるみたい。

アイドルステージは秋葉原にも最近できて、肘が比較的アクセスしやすい秋葉原には何度か足を運んでみたのですが、会えないんですよ、あんずちゃんに。

あんずちゃんは「名古屋メンバー」とのことで、「名古屋アイドルステージ」出勤がほとんどのようです。

なるほど。

そうだ、名古屋、行こう。

 

 

せっかくなので、コンカフェも一人で行ってきた

せっかくの遠征、現地のコンカフェも突撃しておきたい!

ということで、アイドルステージの姉妹店「キッチンメイド カフェ デ ラ ボーン」へ一人で行ってきました。

f:id:kfo_hiji:20170131221201j:plain

名古屋駅から徒歩5分くらいでした。

周辺にはアニメやゲーム関連のお店が並び、肘の心に優しい通りでした。笑

 

 

入店しやすさ

f:id:kfo_hiji:20170131221359j:plain

階段を上り、お店のある2階へ。

中が……見えない……!

様子を伺うことができず、入店前にドキドキさせられます。笑

とはいえ、コンカフェってビルに入っていて中の様子が見えないことも多いし、いろんなお店を巡るうちにこの形式にも慣れてきました。

コンカフェに慣れてない方が一人で突撃するときは、結構な勇気を振り絞ることになりそうですね。

 

 

お店の雰囲気

カフェというよりお家みたい。

ドアを開けて入店すると、靴を脱いでスリッパに履き替えます。女の子の家にお邪魔するときのドキドキ感がありました。

店内はテーブル席とカウンター席が用意されています。

カウンター席はメイドさんとの距離が近く、たくさんお話できました。

 

ちなみに肘が行ったときは他に女性客がいなくて、でもそれに動じなくなってきたのでいよいよ鋼のメンタルを手に入れたかなといった気持ちです。

 

 

メイドさんについて

カフェキャストさん以外にも、「さくらシンデレラ」メンバーがお給仕することもあるようです。

まったりとアイドルさんと話せるってきっと需要があるんだろうなー。

 

制服は2パターン。

1つは黒を基調としたメイド服。通常のキャストさん制服と思われます。

秋葉原でシンデレラや白雪姫コンセプト、和装……とバリエーションに富んだ制服を目にすることが多かったため、オーソドックスな黒メイド服を見て原点回帰することができました。

シックなのにかわいらしい、黒メイド服って良いですね。

 

もう1つは黒ワンピース。こちらは「さくらシンデレラ」メンバーさんがお給仕するときに着用しているようです。

上のツイート写真がわかりやすいかも。

 

ワンピースがすごくスタイルのわかるピタッとしたもので、スタイルが良くてかつ清楚な美少女じゃないと着こなせないデザイン。

これがお似合いになる美少女がたくさんいるって、可能性が無限大過ぎて怖いですね。。。

 

初来店かつ一人でも、メイドさんやアイドルさんが話しかけてくれるので居心地がとても良かったです。

(さおりさん、スタダにいそうな美少女なのに話すと面白かったなあ…)

 

お料理について

f:id:kfo_hiji:20170131223338j:plain

肘は昼食後に行ったので、デザートを中心に注文。

「おつまみorデザート2品+ソフトドリンク2杯」でたしか1500円くらいでした。

コスパが良すぎて驚きです。コスパモンスター。

 

クレープやパンケーキの落書きは目の前でしてくれます。

メイドさんが一生懸命目の前で落書きしてくれるのを見るってメイドカフェの醍醐味ですよね。

 

 

総評

  • コスパモンスター
  • アイドルさんとも話せる
  • 一人でも話しかけてもらえて安心
  • 顔ラン高いなあ!?!?

こんな感じでしょうか。

まったり過ごせるタイプのカフェでした。

コンカフェに慣れない女子一人で突撃するのはちょっと勇気がいるかもしれないけど、入っちゃえばゆるりと過ごせると思います。

 

f:id:kfo_hiji:20170131224427j:plain

デラボーンに行ってからアイドルステージに行くと「はしご割」もあるみたいです。お得。

またあんずちゃんに会いにアイステおばさんする予定なので、そのときはデラボーンにも寄ろうと思います。

 

 

早くアイステおばさんしたい……!以上!

1500円のチェキは買えてもハンドクリームは買えない問題

コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。

 

先日、職場の綺麗なお姉さんが、小洒落た良い香りのするハンドクリームを使っているのを見ました。

 

「素敵な方は使う物も素敵ね」と思い、肘も倣おうと雑貨屋さんへ赴きました。

ロクシタンやら、ジルスチュアートやら、パッケージがかわいく良い香りのハンドクリームが並んでいます。

(スチュアート?ステュアート?それすらわからない)

 

ジルスチュアート JILL STUART リラックス ハンドクリーム R 30g [並行輸入品]

 

手に取りました。

すぐに戻しました。

 

1500〜2000円ほどのお値段に驚いたからです。

 

 

これまで買ってきたハンドクリームは確か、200円程度。ドラッグストアで200円程度。

 

えっ???

ハンドクリームが???

これまでの10倍くらいのお値段???

アイドルさんとチェキ1枚撮れるよな???

 

 

 

そう。

アイドルさんとのチェキは大体1500円。

 

 

チェキについて冷静に考える。

1回のライブで1枚のみということはなかなかない。大体2〜3枚撮るし、多いときは5枚くらい撮る。

(それでももしかしたら、他の人からしたら少ないかもしれないくらいだ)

 

 

チェキに1500円を払うのはとても気持ち良く、清々しい気持ちで払っている。

ハンドクリームに1500円を払えないのは何故だろう。

 

 

そもそも1500円のハンドクリームを使ったことがない。

使わなければ価値だってわからない。

一度勇気を出して使ってみれば、今後の肘の中のハンドクリーム価格基準が1500円程度に上がるのかもしれない。

 

チェキだって、確かアイドル現場に通い始めた頃は高いと思ったはずだ。そういうことだ。

 

 

 

一念発起して、ジルスチュアートのハンドクリームを手に取った。

 

 

 

レジに持っていく勇気が出なかった。

今度は価格の問題ではない。自意識の問題である。

 

店員さんはあくまでお仕事をしているに過ぎない。一顧客に対し何も考えない。わかってる。

でも、「ジルスチュアートのハンドクリームを購入する肘」が想像できないし、似付かわしくないし、世間に受け入れられないのでは?と考え始めてしまった。

過剰である、自意識が。

 

肘の脳内を「猫に小判」「馬の耳に念仏」といった言葉が踊る。弾幕のように飛び交う。

 

 

 

折衷案として500円のハンドクリームを買いました。

何事も段階を踏むのが大事だと思います。

現場からは以上です。

林檎とペンの他に私に何が持てるのだろう

2016年、一世を風靡したピコ太郎氏。

林檎とペン、パイナップルとペン、ペンとパイナップルと林檎とペンを手に軽快に歌い踊る様が印象的だった。

 

ピコ太郎氏は歌う。

I have a pen.

I have an apple.

 

ピコ太郎氏が持つのは今やペンと林檎に留まらないだろう。

富!名声!酒!女!

(後半2つは想像に過ぎない)

 

 

PPAPを聴く。口ずさむ。

 

I have a pen.

I have an apple.

 

口ずさみながら、肘にもペンと林檎は持てると感じる。

 

でも、

 

ペンと林檎以外に、

 

肘は何を持てるのだろう。

 

 

富も名声も酒も女も持っていない。

コミュ力も勤勉さも持ち合わせていない。

肘は、肘は何を持っているのだろう……?

 

 

疑問を持ちながら続きを口ずさむ。

 

I have a pen.

I have a pineapple.

 

パイナップルが出てきた。

パイナップルなら肘にも持てそうだ。

 

歌は佳境に入り、ついにかの有名なPen-Pineapple-Apple-Penが登場する。

 

このフレーズは凡人たる肘にヒントを与えてくれた。

「既存の概念を掛け合わせ進化させよ」と。

 

ピコ太郎氏は肘のような凡人にもわかりやすいヒントをPPAPを通して与えてくれているのだ。

なんとありがたい話か。

 

 

例えばこれまで名乗ってきた「コミュ障ゆとり新入社員」も

コミュ障

ゆとり

新入社員

の掛け合わせである。

 

「コミュ障ゆとり新入社員」……既存概念の掛け合わせをしてみたが物悲しさが増しただけであった。

何でもかんでも掛け合わせれば良いというものではない。

 

 

さて、肘は何が持てるというのか。

疑問が振り出しに戻る。

歌って踊って忘れるしかない。

 

歌おう、PPAPを。

 

 

以上がPPAPの中毒性の考察である。

やりたいこと、するべきこと2017 2017.1.2更新

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

あけましておめでとうございます、肘です。

 

2016年についてさらっと振り返り、2017年やりたいこともさらっと書いてはいました。

今回はやりたいこととするべきことをばーっとリストアップしてみます。

一つでも多く実現できると良いですなあ。

 

 

 

やりたいこと(おたく編)

  • カメラを始めて女の子をかわいく撮る
  • 今年もアットミーを観に行く
  • ころにゃんとコロネを持ってチェキを撮る
  • まねきケチャ観に行く
  • ちゅーどりを観に行く
  • わーすたを観に行く 
  • さデラの成瀬あんずちゃんに会う
  • コンカフェ新規開拓月1件
  • ばーなちゃんに会いに行く
  • コンカフェの誕生日サービスを受けてみる
  • 「通う」コンカフェを@home以外に見つける
  • 美少女と美少女を観に行く(女の子のおたく友達を作る)
  • ゆっふぃーさん現場に行く(1/2追加)

 

会いたい女の子がたくさんいます。幸せですね。ちょろいとも言う。

「ちょろい方が人生幸せ」と思ってるので、今年もちょろく在ろうと思います∠( 'ω')/

 

 

やりたいこと(一般編)

  • バカリズムライブに行く(2015年まで3年くらい連続で行ってたのに、去年行き損ねたのですよ…(`;ω;´))
  • 年不相応なくらいかわいい服装でピューロランドに行き「痛い20代!」と開き直る
  • お芝居を観に行く
  • 月1万PVの達成
  • 「コミュ障ゆとり新入社員」「女一人でコンカフェ」以外のブログネタを作る
  • 一人旅
  • 鼻を綺麗にする(切実)(1/2追加)

 

 

おたく以外の欲望が少ない…気がする…

 

やりたいこと(仕事編)

  • 先輩上司をぎゃふんと言わせる成功を収める

詳細は書きませんが、「やると良いこと」はある程度出揃ってるのでそれを複数掛け合わたり、他の人に協力仰いだりができるようになりたいです。。。

コミュ障だから協力仰ぐの難しいし、ゆとりだから「やるべきことを複数掛け合わせる」程度の器用さ、思考力、行動力ぜんぶ足りないんだがな!!

 

  • プライドを持ってゆとりを貫く

せっかくゆとり世代なので、どんなに職場が切羽詰まっていても「ゆとり」を保てるだけのメンタルも仕事の速さも欲しいです。ゆとりらしく早く帰りたい。

 

 

 

するべきこと

  • 5kg痩せる
  • 人に言える程度のTOEIC点数を取る
  • 生きていける程度の料理をする(見た目は気にしない)
  • ボーナスに頼らず貯金する

 

がんばります。

 

 

 

書いてみたけど

就活生時代から薄々気付いてたけど、社会のためになるような人生をかけて取り組みたい高邁な理想がないんだよなあ。

 

やりたくないことは無理にやれないので、これからも「意識の高いことは意識の高い人に任せて」ふわっふわの曖昧な状態の中でも楽しく生きていこうと思います∠( 'ω')/

いつか曖昧じゃなくなると良いですな!

 

 

今年もよく働きよく食べよくおたくするぞー!

よろしくお願いいたします!!

おたくするために働いた2016年、新たな肩書きを得たい2017年

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

こんにちは、コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。

2016年を振り返ると、
「アットミーちゃんがデビューした!めぇたんに出会えた!あとは働いた」
こんな感じです、ざっくりと。

「働いた」ってまとめすぎな気もするのですが、好んで深掘りはしたくない。
必要だから別途するけど、ここでする必要はない。「働いた」は「働いた」で良いのだ。

振り返ると、東京に住んでいた学生時代以上にメイドカフェへ「ご帰宅」しアイドル現場へ通う一年でした。
今は日帰りで都内に行くのはギリギリの距離、時間もお金もかかるのに度々出かけてしまいます。「障壁があった方が愛は燃え上がる」理論にもれなく巻き込まれているのかもしれません。



消費者としての2016年

消費者としての2016年には大満足しています。
アットミーちゃんがデビューしてくれて通いたい現場ができたこと。
めぇたん(@home cafe4階のメイドさん)と出会えて「帰りたい」メイドカフェができたこと。
これらのためにどうにか働こう!とギリギリの労働意欲を保つことができました。

働いていると「至らぬ点が多々あり大変申し訳ありません」を繰り返すことになるのですが、
アイドルさんやメイドさんを目の前にすると「かわいい、最高、尊い」の3つの言葉のみで脳内が埋め尽くされます。
その状態を求めて何度も現場に足を運んでしまうのはまさに中毒性といったところ。

2017年も労働意欲を保つためにおたくします。良き消費は良き労働から!(自己暗示)




労働についての2016年

労働については「働いた」。以上!ってところではありつつ、あっさりと振り返っておきます。

コミュ障とゆとりを併発したので、2年目というか新入社員(留年)って感じでした。

が、一応2年目になって慣れたのか、「違和感」を持つことが少なくなってきて、ブログのネタに困っています。笑

 

できていない→指摘される→慌てるのを繰り返す「追われる」日々。

毎日ぎゃふんと言わされているので、そろそろこちらからぎゃふんと言わせたいです。。。

 

 

 

ブログについての2016年

このブログを作成したのが2015年3月→スローペース更新→2016年1月くらいからしっかり更新…ということで、以下2つをメインテーマに更新してきました。

  1. 仕事を通じて躓きながら社会に適応しようと足掻く様
  2. 女一人でメイドカフェに行ってみるシリーズ

 

 

「労働の前に社会適応が難しい!」って常々思っているのですが、仕事に追われすぎて下半期はネタにする気概すらなくなってきていました。。。

せっかくゆとり世代なので、プライドを持ってゆとりを貫き、全てをネタにして行きたいですね。2017年の課題!

 

 

女一人でメイドカフェシリーズは10個の記事を更新してきました。

「記事を見て女一人で行ってみました!」なんて言ってくださる方もいて嬉しかったのを覚えています。

来年はもっと新規開拓したいし、メイドカフェ以外の何かしらにも手を出したいですね。(もはや一人で行きすぎて、あまりドキドキしなくなってきてしまった……笑)

 

 

 

2017年にやりたいこと

  1. メイドカフェ新規開拓を月1店
  2. プライドを持ってゆとりを貫く様を記事にする

 

そして目標は月1万PVを2017年中に達成する!とか肘としては大口を叩いておきます。

そろそろコミュ障ゆとり『新入社員』っていう肩書きが使えなくなるので、新たにキャッチーな肩書きが欲しいところ。

 

あとはおたく現場でもコミュ障を拗らせているので、もっと人と仲良くなろうと思います( ˘ω˘)

アイドルさんのパフォーマンスを楽しみつつ、仲の良い人に会えたら嬉しいですからね( ˘ω˘)

 

 

 

ごあいさつ

2016年、大変お世話になりました!

おたくしたりブログを書く中で新たに知り合えた方もいて楽しい1年でした。

 

2017年もよろしくお願いいたします!

atME3rdワンマンLIVE「変革」を振り返ってみた

ころにゃんこと戸田ころねちゃん推しat民の肘です。

 (at民=atMEのおたくって意味です!)

 

12月16日、時代加速装置@'mE改め「atME」の3rdワンマンライブへ行ってきました!

もう10日経つのか、早い!!!

はっきりくっきり思い出せる、というよりはぼんやり思い出しながら幸せに浸り、「またアットミーちゃんに会いに行きたい拝みに行きたい」と思わせてくれるライブでした。

良かった…アイドル様尊い…

 

幸せに浸りながら、ややころにゃんへの愛に偏りつつライブまでを思い出してみます。

 

 

 

ワンマン前の改名発表

アットミーちゃんは品川にある「東京アイドル劇場」にて定期公演を行っています。

12月4日の定期公演にて、グループ改名が発表されました。

 

「時代加速装置@'mE」から「atME」への改名。

 

 

肘はあまり現場に行けてなくて、改名もTwitterで知り驚いた覚えがあります。改名って名前だけでなく色々改めるイメージがあって、ざわざわしつつ、それでもワンマンへの楽しみでそわそわする方が勝って過ごしていました。ざわざわそわそわ。

 

 

LINE LIVE「ひめくりアットミー」で新曲発表

改名以上に驚かされ、ワンマンへのテンションの高まりが止まらない一因となったのがLINE LIVE「ひめくりアットミー」です。

 

現在アットミーちゃんは毎週LINE LIVEを放送中。

その中でなんと2曲も新曲を発表してくださいました。

 

上記リンクで発表している曲が「ESCAPE OUT」。

ライブ前ではあるもののの、こらえきれずに踊り出すメンバーがとてもかわいいので是非観ていただきたい動画です。

 

 

繰り返されるラブリーの先に

ワンマン前のころにゃんの呟きである。

 

ラブリー…?

 

この呟きはおそらく全アットミーのおたくの心に好奇心を掻き立てたのではないか、と肘は推測している。

繰り返される「ラブリー」の先に、どんなワンマンが待っているのか!?

 

 

当日、前物販:肘とTシャツとハガキ

(完全に語呂だけ追求した見出し。ハガキ=年賀状。詳しくは後述。)

そして迎えたワンマン当日。

開演前物販のため少し早めに現場に向かいました。

 

お目当ては新曲CDと、Tシャツと、年賀状です。

CDもTシャツも素敵。写真を見てすぐに購入を決定しました。

年賀状は各メンバーの振袖写真掲載、一言メッセージ付、先着50名購入可能!……とのことで「ころにゃんから年賀状もらいたい!」の一心で急いで前物販に駆け込みました。(本当に駅から会場まで走りました。)

 

CDにはシリアルナンバーとメンバーのサイン入り!3枚買ったらころにゃん、まゆろん、まいまいのサイン入りCDをゲットできました。推しのころにゃんのサイン入りCDゲットに一安心したところで、開場を待ちます。

 

(ちなみに!アットミーちゃんはスタッフ様にもお美しい方が多く、物販自体も幸せです。カニスタのキャストさんもちらほらお見かけできます。幸せ!)

 

 

開演!

ステージの背面がディスプレイ?になっているようで、映像と連鎖するようにアットミーちゃんが登場!

1曲目が始まる前って、何故か自分まで緊張してしまいます。胸が期待に高鳴るってこういうことか!

 

セトリはこんな感じ。

1.ESCAPE OUT

2.愛ドル

3.しゅきちゅちゅ

MC

4.With ME!

5.◯◯しかっ!

MC

6.Paralyzer

 

アンコール

1.ボクラのメロディ

2.ESCAPE OUT

 

 

最初から3曲連続!!

1曲目から最高に盛り上がる「ESCAPE OUT」!新曲!

変革を感じさせる気迫あるパフォーマンスに、いかにアットミーちゃんがこのワンマンに懸けているか感じさせられました。

できた道戻れないけれど誰からも汚されないよ」って歌詞が本当に好きです。汚されずに前へ向かう強さとか、乗り越えている感とか。語彙力が足りなくて上手く伝えられないけど好きです!!

 

「愛ドル」「しゅきちゅちゅ」の後はMC。

「時代加速装置@'mE」バージョンの最後の自己紹介が行われました。

 

そして運営体制変更発表。

知らない所でアットミーちゃんも運営さんも、乗り越えるべきことがきっとたくさんあったのだと思います。

その中で想いを伝えてくれて、今後も着いていきたい!という思いと、色々あった上でアイドルでいてくれていることへの感謝が湧いてきました。

 

この後しばし映像タイム。

 

 

「With Me!」と解けるラブリーの謎

映像タイムが終わると、新衣装アットミーちゃん登場!

以前の衣装ってなんとなく戦士っぽく感じていたのですが、今回はポップで、かわいさを押してきた感じ。つまりかわいい。前のもかわいいんだけど、今回ももれなくかわいい。

 

新衣装で新曲「With Me!」披露。

この曲も今のアットミーちゃんにぴったりで、「4人ならもうちょっと頑張れるよね!」のもうちょっとを繰り返して進んできてくれたなかなあ…なんて想像させられました。

(アニメのEDっぽいと思ったのは肘だけでしょうか。いつかアットミーちゃんのアニメタイアップみたい。)

 

「◯◯しかっ!」の後はMC。

新衣装についてメンバーそれぞれから好きなポイントと共に紹介がありました。

新衣装は統一感もありつつメンバーに合わせて異なる作り。上手く言えないけどプロってすごい。。。

 

ここで解けるラブリーの謎

ころにゃんの衣装、スカートの後ろに大きなリボンが付いていてラブリー。ころにゃんから「ラブリー戸田です!」の一言もありました。

なるほど…それで「ラブリーに成りたい」だったのね…

他のメンバーはスカートなんですけど、ころにゃんは「ショートパンツ+アシンメトリーのスカート」。おみ足が見える!!!流石ころにゃん元気!活発!笑顔!……みたいなイメージにぴったりの衣装でした。

 

あと、衣装紹介中のまゆろんが「私の衣装のatMEの字が一番大きい!」と主張するのがかわいかったです!笑

 

衣装紹介のあとは新・自己紹介。

まだ慣れてないのが伝わってきてかわいかったです!

ころにゃんの自己紹介が…難易度高くて…

笑顔の単位は1ころね!今日のみんなは何ころね?」って振ってくれるのですが、何ころねと返せばわからず…

ワンマン時はメンバーが「100ころね!」「100!」「1000!」と盛り上げてくれました。笑

どの数字が正解かについて、ころにゃん曰く「会場ごとのキャパ」。

ころにゃん推しは毎回キャパを調べていけば良いのですね、わかります。

 

 

Paralyzer→アンコール

最後はアットミーちゃんの始まりの曲として「Paralyzer」が披露されました。

やっぱり一番多く聞いてきた曲なので、at民としてもコールに熱が入ります。

 

そして!アンコールではサプライズ!!

事前発表のない新曲「ボクラのメロディ」が披露されました。

衣装の上には黒いジャケット?コート?が追加され大人っぽくイメージチェンジ。

「ボクラのメロディ」の収録されたCD、早く欲しいなあ…。

新曲3つ全部聞いてみた印象が、人気アニメの歌にありそう!で、

ESCAPE OUT=OP

With Me!=ED

ボクラのメロディ=物語の盛り上がりでかかる劇中歌

って個人的には感じてます。アットミーちゃんという物語……ずっと見させてください…( ˘ω˘)

 

 

この後再度「ESCAPE OUT」披露や写真撮影タイムがありました。

f:id:kfo_hiji:20161228004204j:image

(どなたかの頭が写ってる…申し訳ありません)

 

ワンマンはLINE LIVEで生放送されていました。

アーカイブが残っているので良かったら見てみてください!

 

感想

ワンマンまでTwitterを見てざわざわしていたけれど、全て吹き飛ばしてくれる気迫あるパフォーマンスを観ることができました。

そしてワンマンライブの時だけは普段頭から離れない仕事のことも忘れて楽しむことができました。アイドル様は偉大だなあ。

 

色々乗り越えた上でアットミーちゃんが今もアイドルでいてくれていること、きっとこれからもいてくれること。感謝しかありません……アットミーちゃんに生かされてる……って思うワンマンでした!

 

あまり現場に行けない中でもワンマンだけは皆勤賞で、回を重ねるごとに進化しているのが一おたくである私が見てもわかります。すごい(小並感)

 

何より大好きなころにゃんがステージ上で大事なお話をしたり、MC回したりとみんなを引っ張る姿を見ると憧れとか崇拝が止まらないし、チェキ撮影のときはそんな方と近くでお話ができるって、そりゃあ沼だわハマるしかないわって感じです。

 

これからもアットミーちゃんに胸を張って会いに行けるよう、日々の生活を頑張ろうって思えました!!!

 

 

 

感想を書き殴っていたら3時間くらい経ってました。幸せである。愛だけは込めた。

この長文を読んで下さった方がいたらありがとうございます。一緒にアットミーちゃん沼にハマりましょう。

 

f:id:kfo_hiji:20161228005202j:image

 

最後にワンマン当日の収穫を自慢し、以上とさせていただきます。

クリスマスからの逃避先には需要があるはず

こんにちは、コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。

 

もうすぐクリスマス。

11月末くらいから街中クリスマスムード。

イルミネーションが煌めき、ツリーが飾られ、飲食店にはクリスマスメニュー。

ケーキ屋さん、コンビニ、ファストフード店がケーキやチキンの予約を呼びかける。

クリスマスの追手を振り切ることはできず、この一ヶ月クリスマスを意識しない一日はなかった。

 

たぶん、世の中には、様々な事情で「クリスマスから逃げたい」人達がいると思う。

クリスマスを意識しない空間が欲しい。

 

だから、「当店にはクリスマスはございません!」とアピールすることで好感度も売上も上がるお店もあると思う。

今回はクリスマスから逃げるための場所として、こうあってほしいという希望を記す。是非店舗経営者に参考にしてほしい。また、クリスマスから逃げる先を選ぶときのチェックポイントとしても機能するのではないか。

 

 

 

煌めかない

f:id:kfo_hiji:20161223103635j:image

クリスマス要素の排除でまず大事になるのは「煌めかない」ということだ。

 クリスマスといえば煌めき。煌めいたらもうそれはクリスマス。

もういっそ真っ暗でも良い。とにかく煌めくのは駄目だ。

 

 

 

赤と緑を並べない

f:id:kfo_hiji:20161223104006j:image

クリスマスを連想させる色「赤と緑」。

クリスマスケーキの予約とか、メッセージカードとか、とにかくクリスマスに関するものを絵/文字にするとき、必ず「赤と緑」が使われるように思う。

飲食店ならメニュー、他の業態でもPOP等に「赤と緑」を使った瞬間クリスマス。「赤と緑」は是非避けてほしい。

 

 

 

クリスマスがないアピールをするには

もしもお店において、クリスマスがないことをアピールするなら。

「クリスマスはございません」だと、そもそもクリスマスという単語が出てきてしまっている。これはクリスマスの存在を意識させてしまうので避けたい。

 

以下、肘が考える「クリスマスしてないよ」告知文である。

 

当店は皆様に安心してご来店頂けるよう、以下を徹底しています。

  • 煌めかない
  • 赤と緑を並べない
  • もみの木を置かない
  • チキンを使ったメニューがない
  • 赤い服や帽子を着ない

 

こんな告知文があれば安心して入店できる気がする。

こんなお店もあっても良いと思う。

 

 

 

ところで何故肘がクリスマスから逃げたくなっているかというと、胃腸炎を患い「クリぼっち」確定だからです。

家の中にいればクリスマスを感じることもないはずだから、ダメージも受けないはず。大人しくおかゆを食べて過ごします。ノークリスマス。