肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

雑記

林檎とペンの他に私に何が持てるのだろう

2016年、一世を風靡したピコ太郎氏。 林檎とペン、パイナップルとペン、ペンとパイナップルと林檎とペンを手に軽快に歌い踊る様が印象的だった。 ピコ太郎氏は歌う。 I have a pen. I have an apple. ピコ太郎氏が持つのは今やペンと林檎に留まらないだ…

おたくするために働いた2016年、新たな肩書きを得たい2017年

今週のお題「2017年にやりたいこと」 こんにちは、コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。 2016年を振り返ると、「アットミーちゃんがデビューした!めぇたんに出会えた!あとは働いた」こんな感じです、ざっくりと。 「働いた」ってまとめすぎな気も…

クリスマスからの逃避先には需要があるはず

こんにちは、コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。 もうすぐクリスマス。 11月末くらいから街中クリスマスムード。 イルミネーションが煌めき、ツリーが飾られ、飲食店にはクリスマスメニュー。 ケーキ屋さん、コンビニ、ファストフード店がケーキや…

23歳会社員、目が覚めたら女子大生になっていた

今日は関東全域で雪が降りましたね。 朝起きたとき、外が吹雪いていて冬の訪れを感じました。 6時に起きて窓から外を覗き、雪を確認したところで「今日はゼミがないから外に出なくて良い。良かった。」と安心して二度寝したのを覚えています。 次に目が覚め…

美女に好かれたければ、白湯を飲みなさい(妄言)

白湯を飲み始めました。 ダイエットのため、少しでも良いと思うことは試してみようという心意気です。 とはいえ、夏。 この暑い中温かいものを飲む習慣が付くのでしょうか。 もっと別のモチベーションが必要だと思います。 そこで肘は、一つの仮説に辿り着き…

夜の高速ドライブってカジュアルに命かけすぎだし、肘はガンダムになれない

うんてんこわい。 こんばんは、コミュ障ゆとりペーパードライバー新入社員の肘です。 ペーパードライバー歴2年以上の、ベテランペーパードライバーたる肘にとって、「夜の高速道路ドライブ」は大きな恐怖です。 暗いからいつ眠気が来るかわからないし、 ち…

父の晩酌に付き合うのは「食の嗜好おっさん化」への英才教育

一年前は苦手だったビールがおいしく感じるようになった。 仕事が終わったら「ビールを飲んで枝豆を食べたい。ポテチとか何かしらしょっぱいものを付けたい。ピーナッツチョコもあれば最高。」という欲求が膨らんでくる。 この欲求のルーツは何処にある? 思…

2016年こそキラキラした七夕を送れるはずだった

2014年 七夕ひとりスカイツリー 2015年 引っ越しでばたばた ライバルはいつだって自分自身。 かつてひとりでスカイツリーに上った肘。肘は、肘を超えたい。スカイツリーを超えたい。 2015年は何もできなかった。 2016年、今年こそ、肘はひと…

肩幅が広いのでパフスリーブの服を着ると歴戦の猛者みたいになってしまう

こんばんは。 コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。 肘は、肩幅が広いです。 肩幅が広いというか、世界が狭すぎて相対的に肩幅が広く見えてしまっているのだと思います。 肩幅が広い者にとって、着てはならぬもの。 それは、パフスリーブのお洋服です。…

意識を高めようと休日の早朝から映画鑑賞で新しい文化を感じてきた

コミュ障ゆとり二年目社員の肘です。相変わらずゆとり。相変わらず意識が低空飛行。もう二年目なので少しでも「意識高い」感じを出せたらと思い、朝活してみることにしました。土曜日の朝7:00くらいには電車に乗って、7:45くらいに映画館着。ここで新たな日…

イラッとしたときの「ふざけんな!」といった暴言をオブラートに包んでみた

こんばんは、コミュ障ゆとり二年目社員の肘です。先日新幹線の自由席に乗ったときのこと。肘と同じ駅から乗る人も多く、元々車内も混んでいて、みんな空いている席を探し出してどうにか座っている状態。席を探していると、ちらほらいるんです。自席の隣の席…

ブログを通して、承認欲求と変身願望の充足、それから日々のコンテンツ化を目指しています

今週のお題「私がブログを書く理由」ブログを書き始めた理由「女子大生ブロガー」を名乗りたかったから。肘は女子大生であるうちに「女子大生」ブランドをあまり振りかざさず過ごしてきました。ただ、一回振りかざしてみたかった。「暇な女子大生」さんのブ…

グリーンスムージー置き換えダイエットの空腹感を「満足な豚より不満足なソクラテス」って呟いて解消しようとした。できなかった。

グリーンスムージー置き換えダイエットをして、グリーンスムージーというキラキラフレーズを多用し、身体的にも痩せて多くの人に受け入れられる存在になるぞ!そう思っていた時代が肘にもありました。無理だ。なんだこの圧倒的空腹感。お仕事終わってお家着…

「好き」や「こだわり」がごちゃごちゃ詰まった秋葉原が好き。かわいい女の子に会えるから好き。

今週のお題「好きな街」秋葉原が好きだ!メイドカフェが好きだ!かわいい女の子に気軽に会える。秋葉原に行けば、メイドカフェに行けば、いつでも確実にかわいい女の子に会える。だから、秋葉原は最高の街だと思います。かわいい女の子に会える場所中高時代…

小雨をミストシャワーと呼ぶとちょっと楽しい

朝起きて、窓の外を見ると雨。おいおいマジかよ自転車通勤の肘氏には痛いわあと、思いつつ身支度。出発すると思ったより小雨。とはいえ傘はあった方がいいレベル。でも自転車に乗りたい。しかし自転車に乗ると傘がさせない。結果、肘は自転車に乗ることを選…

もっと広がれ「ウレロ」の輪!!!

「ウレロ」シリーズって知ってますか?ご存知ない方はこの機会に是非見て欲しいシリーズ。肘的全人類に見て欲しいシチュエーションコメディです。現在シーズン4が放送されています。シーズン1〜3は芸能プロダクションを、シーズン4はヒーロー派遣事務所を舞…

『ほっこりできない根暗オタク女の日常をまんがにしてみた』に共感できる人と仲良くなりたい

ほっこりできない根暗オタク女の日常をまんがにしてみた作者: お肉おいしい出版社/メーカー: 一迅社発売日: 2015/12/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る Twitterで見かけて、可愛らしい絵や共感できる漫画で気になってい…

ひな人形を出さなかったので、嫁に行き遅れる前段階で躓いていた

「ひな人形をひな祭りが過ぎても出しっ放しにしていると、お嫁に行き遅れる!」たぶんみんな一度は耳にしているであろう風説。肘の友人のお父様は、娘がずっと家にいてくれるのを願ってわざとずっと出しっ放しにしていたなあ…。まあ、そんな風説もあるので、…

肘が「肘」を名乗る理由

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」ネット上で肘を名乗る人を、自分以外に見かけたことがない。おそらく珍しいハンドルネームだと思う。本日は肘が「肘」を名乗る理由を書いてみます。2014年6月。当時付き合っていた人に振られた私は病み果てていました。毎…

ラジオ体操の、リズミカルに腕を肩に置いたり伸ばしたりする謎の動き

最近、運動不足解消のためにラジオ体操に励んでいます。ラジオ体操をしていると、どうしても腑に落ちない動きに遭遇します。これです。腕を曲げたり伸ばしたりしつつステップするアレです。皆さん一度は疑問を持ったことがあると思います。他の動きと比べて…

【社会適応日記】自己啓発本以上にやる気をくれたのは、オードリー若林さんの本でした

自己啓発本が響かない社会貢献につながるような高邁な理想。会う人を笑顔にさせ味方に付けるコミュニケーション能力。これらを持った『成功者』たるグローバルエリートの書く自己啓発本は、肘には響きません。本と同じことを肘がやるだけの動機となる、社会…

「大人になる」を言い換えると「女子高生が眩しく見える」

女子高生。JK。その響きの前に人々は打ち震えるしかない、現代日本における特権階級。そのJKブランドの価値を知ってか知らずか利用して世間を上手く渡る女の子もいれば、その記号的価値を大人に引き出されて利用されてしまう女の子もいる。とにもかくにも女…

【不器用女子へ捧ぐ】バレンタインチョコの記号と本質

※不器用女子のバレンタインに向けた記事ですが、不器用でもおいしくチョコレートを作るコツだとか、そういった努力に走る方向の記事ではありません。あらかじめご了承ください。先日はバレンタインでしたね。逆チョコ、自分チョコが流行しているとはいえまだ…

ラジオ体操で息切れする23時、夏休みの予感

体が重い。最近帰宅が遅いのにその後ごはんを食べてしまったり、物理的に重量が増したというのもあるだろう。それにしたって、歩いたり階段を上るだけで以前よりも身体が重く感じるのだ。体力が衰えている。肘はこれを、運動不足によるものだと考えた。運動…

レムソンズで量り売りヨーグルトを謙虚に盛ろうとしたけれど不器用さが邪魔をした

弟と買い物に行って、喉が渇いたので休憩がてらレムソンズに寄りました。レムソンズは量り売りのフローズンヨーグルト/ソフトクリームのお店。入口でカップを取り、自分でフローズンヨーグルトやソフトクリームをカップに盛り、トッピングも自分で出来るお店…

キラキラできない肘のシンプルイズザベストな休日

たぶん、キラキラ女子の休日はこう。いつもよりゆっくり寝て、8時起床。午前中に掃除と洗濯を済ませて、午後からはショッピング。いろいろ見て回ったけど、最初のお店で一目惚れしたワンピースが気になってて、戻って買っちゃう。お気に入りのカフェでゆっく…

ビールをおいしく感じるようになってしまったからもう14歳を名乗れない

ビールをおいしく感じるようになってしまった。20歳になってすぐ、周囲に勧められビールを飲んでみた。でも、おいしくなかった。苦いし、これを飲むならジュースを飲んだ方が100倍幸せだ。心底そう思っていた。周りの大人は言う。「大人になるとおいしくなる…