読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

初任給の使い道を考えてみた

入社から一週間が経ちました。

入社式のお昼にぼっちサイゼをキメた新生活ソロプレイヤーたる肘も、どうにかパーティに混ぜていただくことができています。研修が班ごとで良かった。

今回は初任給の使い道を考えてみます。まだ研修を受けている身なのにしっかりお給料を頂けるありがたさを噛み締めつつ、来たる給料日に思いを馳せていきます。


1.育ててくれた両親への恩返し

これは定番ですね。肘は22年間実家暮らしで脛を齧り尽くしたこともあり、この儀式は必須と言えます。
「ありがとう、これからは社会人としてしっかり生きていくよ」という意味も込めて、少し背伸びしたお店でご飯でも食べたいですね。


2.大好きなアイドルさんへの恩返し

肘を長きに渡り精神的に支えてくれているアイドルさんへの恩返し、これも必須でしょう。
これまで物販であまりお金を出せなかった肘も、これからは社会人。沢山チェキを撮って、今後は肘がアイドルさんを支えるという気概を見せたいですね。


3.ペーパードライバー講習

だって運転ができない。悲しいかな、運転ができない。
高級本人確認書類と化している免許証を活用するため、ペーパードライバー講習を受けねばなりません。
さらに会社から配属したらすぐ運転と脅されているので、もう運転できないだなんて言えません。


4.足の保護パッド

研修中、何度も「体調管理はしっかりと」と言われていますが、足を労るのも体調管理だと思います。
底まめとか、たことか、慣れないパンプスに痛む足を少しでも労ってあげたい。
一つ1000円くらいするパッドでしっかり保護していきたいです。
(就活中歩くのもつらいほどの底まめに悩まされましたが、安いものでも保護パッドを使うと痛みがかなり低減しました)


とりあえずは以上です。
また何か思い付いたら追記します。