読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

「好き」や「こだわり」がごちゃごちゃ詰まった秋葉原が好き。かわいい女の子に会えるから好き。

雑記

今週のお題「好きな街」


秋葉原が好きだ!メイドカフェが好きだ!

f:id:kfo_hiji:20160316002952j:image

かわいい女の子に気軽に会える。秋葉原に行けば、メイドカフェに行けば、いつでも確実にかわいい女の子に会える。

だから、秋葉原は最高の街だと思います。



かわいい女の子に会える場所

中高時代からコミュ障を拗らせ、教室の端っこで過ごした肘にとって、「かわいい女の子」は雲の上の存在。会いに来てくれる存在ではなく、「お金を払って会いに行く」存在なのです。

秋葉原では、お金を払えば肘にもかわいい女の子と話す権利が与えられます。


かつ、職場は男性が多く、かわいい女の子と触れ合う機会はほぼありません。

それでも、秋葉原に行けば、メイドカフェに行けば、いつでも必ずかわいい女の子に会えるのです。



秋葉原という街の魅力

街自体の魅力としては、いろんな人の「好き」や「こだわり」がごっちゃになって詰まっているところ。

家電、アニメ、アイドル。とことん「好き」を追求したお店や人が溢れています。街全体がなんだかエネルギッシュです。



「ヲタク」だけじゃない

やはり秋葉原、アキバって、サブカルやヲタクのイメージが強いと思いますが、それだけではありません。

絵本に出てくるような分厚くてふわふわのパンケーキを楽しめる「フライングスコッツマン」


ハンモックにゆられながらパンケーキを楽しめる「カフェ アサン」

喧騒を抜け出してゆっくり一息つけるお店もあるのです。


まだ知らない秋葉原がたくさんある

まだまだ行ったことないコンセプトカフェもたくさんあります。秋葉原を歩くと知らないアニメやゲームの多さにびっくりします。
秋葉原は、かわいい女の子に会える安心感、ホーム感と、未知との遭遇によるアウェー感を一気に楽しめます。

今後も定期的に通って、もっともっと良さを知っていきたいです。