読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

メイドカフェぴなふぉあラビリント店へ女一人で行ってみた

前回の「女一人でコンセプトカフェに行ってみる」シリーズから一ヶ月以上経っていました。驚きを隠せない。

 
 
今回はメイドカフェぴなふぉあの、ラビリント店へ行ってきました!いつも通り「女一人??まじか??」という戸惑いを感じながら入店しましたが、この雰囲気にはもう慣れっこなんだぜ!!
 
久々すぎてどういう観点からレポート上げてたか忘れかけてるけどどうにかこうにか書いていきます∠( 'ω')/
 
 
 

入店しやすさ

f:id:kfo_hiji:20160320170913j:image
 
秋葉原駅から中央通り沿いにあるので見つけやすいです。

立地としてはとても入りやすいと思います。

 
f:id:kfo_hiji:20160320171447j:image
 
階段を上り、入口前。かわいい!
 
かわいいが、しかし!
カウンター席がメインかつ、常連さんで埋め尽くされていたため、肘氏は入店時とてつもない緊張感に襲われました。が、しかし!この感覚は何度も乗り越えてきている!「面白くなってきたじゃねーの!」と言わんばかりにドアを開ける。いや、実際は挙動不審だったと思う。しばし無言に包まれる店内。
 
肘「席空いてますか?」
メイドさん「あ、こちらへどうぞー!」
 
 
初めてのお店へ行く時、特に女一人だとお互い戸惑うこともあるので、「席空いてますか?」はキラーフレーズとして是非覚えていただきたいです。入店しやすくなります。
 
 
 

お店の雰囲気

ざっと見た感じ、カウンター10席くらいに、テーブル4席くらいかな?
広すぎず、カウンター越しの女の子の距離も近いです。
ぴなふぉあの中でもラビリント店は女の子とまったり話しながら飲む!というのが特色だとか。
系列店でも雰囲気が大きく異なるらしく、1号店は喫茶店風、3号店はアイドルカフェ風みたいです。どちらも行ってみたい!
 
比較的落ち着いたお店な気はしつつも、しっかりおまじないをする場面もありメイドカフェらしさは随所に感じられます。
肘もコーヒーを頼むと、メイドさんがミルクを入れてくれることになりました。ちょうど良いところで「にゃんにゃん」と言うとストップしてもらえるというシステム。
 

つ、次は元気に「にゃんにゃん!」できるように頑張ろう(震え声)
 
 

女の子

コミュ障拗らせてスマホとにらめっこを続ける肘にも優しく声をかけ、話を盛り上げてくださる圧倒的コミュ力の高さ。
もちろん見た目もかわいくていらっしゃるし、ぴなふぉあの制服もとてもかわいいです。
いろんなカフェを巡ってると伝えると、オススメのコンカフェも教えてくださいました!
どの話題が来ても話を膨らませてくださっていて、頭の片隅で「営業職に向いてそう」とまで考えちゃいました。笑
 

このかわいさですよ…!
 
 

お料理

f:id:kfo_hiji:20160320200520j:image
 
「メイドのおまかせパフェ」チェキも付いてきて1500円とお得!
ベースはプリン、ヨーグルト、コーヒーゼリーの3つから選べます。
メイドさんが頑張って盛り付けてくれるとのこと。盛り方に個性が見えそう。
見た目もかわいく、味もおいしかったので、女子ウケも良いと思います。良い感じのアプリで写真を撮り、正方形に切り取り、霧がかってる風の効果を付け、スタンプを押してインスタグラムに上げたら、反響ありそうですよね。肘はインスタやってないからわからないけど(・ω<)
 
 
 

総評

見た目はかわいらしくも、案外店内に入るとまったり楽しく落ち着いて女の子とお話できるお店でした。お店が広すぎないから、放置されちゃうってことはないんじゃないかなー。
クラシカルなメイドさんより、「萌え!」なメイドさんや内装を楽しみたい。でも、あまりにテンション高いところよりもは落ち着いて話せるところが良い!って方にオススメです。
 
女一人で行くとすると、入店に勇気は入りそうですが、入っちゃえばとても楽しくメイドさんとお話できます∠( 'ω')/
 
ぜひ、行ってみてください!
次回は、ぴなふぉあの「ゆっけ」さんが勧めてくれたカフェについてのレポートを上げます∠( 'ω')/