読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

二年目になったら「顔に闇を感じる」と言われた

「コミュ障ゆとり新入社員」を名乗れない悲しみと共にこんばんは。
「素直で明るくやる気に満ちた新入社員」に擬態できず、「帰りたみに溢れる二年目社員」へ変化した肘です。

そうです、二年目社員です。
二年目になった肘、お取引先様とこんな会話がありました。



肘「二年目になりました!」
お取引先様「本当だ、顔に闇を感じる


f:id:kfo_hiji:20160403212440j:image
_人人人人人人人人人_
> 顔に闇を感じる <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


肘は思い出しました。
7月の現場研修でお世話になった方に頂いた言葉を。
「大人はみんな闇を抱えているんだよ」という言葉を。

肘も、「コミュ障」と「ゆとり」という闇を抱えて、少しずつ大人になっていたのですね。
新入社員という免罪符を失い、「コミュ障」「ゆとり」という悲愴感溢れる肩書きだけが残る。悲しい。


「暇な女子大生」さんだって、大学を卒業しても女子大生を名乗っている。
肘もその方式をパクらせていただき、二年目以降も「コミュ障ゆとり新入社員」を名乗りたい。

あとは、会社に留年システムはないものか。
二年目を名乗れるほど成長していない肘、もう一年新入社員をやらせてもらえないだろうか。新入社員(留年)って肩書き、なかなかに愉快だ。



二年目の目標は「クビにならない」「ちゃんと出社し続ける」です。よろしくお願いしまーーーす!