読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

続・ビールをおいしく感じるようになってしまったからもう14歳を名乗れない

前回

 

2016年1月26日。

肘はこう記している、「ビールをおいしく感じるようになってしまったから、もう14歳を名乗れない」と。

 

あれから半年。

心の年齢が14歳であることに変わりはないが、さらに事態は進行。一度の飲み会で飲むビールの量が増えてしまった。

時系列に沿って振り返ろう。

 

 

 

2015年4〜10月頃

ビールはお付き合いで最初の一杯だけ。おいしいとは感じない。

それよりはカシスオレンジとか、レモンサワーとかの方がおいしいし、何ならジュースの方が良い。アルコールおいしくない。

 

 

 

2015年11月頃

……おや?

 

 

 

2015年12月〜2016年1月

年末年始に度重なる飲み会でビールのおいしさに気付いてしまう。

ただし、酔って失言するわけにはいかないので、一度の飲み会で飲むビールは1杯までに留める。

 

 

 

そして現在。

2016年7月

f:id:kfo_hiji:20160728002745j:image

あ〜〜〜ビールおいしい!ビールおいしい!次も生!その次も生!

このように、一度の飲み会で3杯くらいビールを口にするようになってしまった。

 

 

これは「14歳」を名乗る肘にとって由々しき事態だ。

ビールを飲む量に反比例して、肘の「14歳らしさ」がマッハで減少していく。

 

飲む量が増えた原因を考える。

おそらく、肘のコミュ力の大幅な欠損を補うためではないか。

 

もちろん、ビールを飲んだところでコミュ力は上がらない。だから話題も出てこないし、気の利いた発言もできない。しかし、「とりあえずへらりと笑っておく」のは、ビールを沢山服用し頭を働かない状態にした方が円滑に行える。その意味で、ビールはコミュ障をごまかす薬と言えよう。

 

 

薬と表現しているが、薬らしく副作用もある。

頭が働かずいつも以上にゆとり根性が増幅し、新入社員に求められるであろう気配りができなくなる。

 

 

とりあえずへらりと笑い、些かばかりでも場に溶け込むか。場に溶け込めずとも、新入社員らしい気配りをする姿勢アピールを欠かさないようにするか。

飲み会の場における「生きるべきか死ぬべきか」的命題。

 

 

ここで気付くコミュ障ゆとり新入社員的最善解は、「とりあえず直帰」ということを悟ったところで、本日もお先に失礼します(・ω<)

 

 

追伸

一番好きなお酒はメイドさんが目の前で「しゃかしゃか」してくれるオリジナルカクテルです。