肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

土曜の夜から既にサザエさん症候群の兆し

サザエさん音楽大全

 

土曜日22時。

サザエさんはまだ、おさかなくわえたどら猫を追いかけてはいない。

てんてけてけてけてんてん、とか言って笑点も始まっていない。

 

 

しかし、既にサザエさん症候群は始まっている。

 

 

明日の今頃、寝る準備をして起きたらまた仕事か…と考えてしまう。

よく「未来を考えて今を過ごそう!」みたいな意識高い標語を目にするが、そんな憂鬱な未来志向は持ちたくない。

「休日」という「今」を刹那的に謳歌したい。

 

 

実は、普段のサザエさん症候群はここまで重篤ではない。

その名の通りきっかり日曜夕方にやってくる。

 

 

何故今回のサザエさん症候群は重篤なのか。

要因として、現在実家にいることが考えられる。

実家にいることにより、「現住地への帰宅」というプロセスが増える。

移動は手間もかかる。

移動しつつじわじわと現住地、すなわち労働という現実に近付く実感が沸き、「どく」状態のようにじわじわHPが削られていく。

 

 

帰省する度重篤なサザエさん症候群にかかるのは好ましくない。

対策を考えよう。

移動が、現住地への帰宅が、ひいては労働が喜ばしいものになれば良いのだ。

そうすれば、

サザエさんがおさかなくわえたどら猫を追いかけ始めると同時に、肘も裸足で「やったあああ!!!」と愉快に駆けていくだろうし、

笑点が始まればいっしょに「てんてけてけてけてんてん!」と軽やかに歌うだろう。

 

 

何かを好きになるとき、どうやって好きになっていたのだろう。

好きなもの。アイドル、メイド、ぐでたま、ふとん。だいたいかわいい。ふとんも広い目で見ればかわいい。Japanese Kawaii!!

ここから推測できるのは、仕事にかわいさを見出せば良いということだ。

大丈夫、おたくはちょろい。その中でもちょろさが圧倒的な肘にとって、弊社……いや、弊社たそにかわいさを見出すなんて余裕。赤子の手を捻るがごとく、弊社たそのかわいさを見出してやろう。

 

 

と思ったら、122日前に「弊社たそ」と呼ぶ試みをしていた。今もサザエさん症候群が続いているところ、前回の試みは失敗していることがわかる。

いや、122日前からたくさんのアイドル現場、コンカフェに行ったんだ。たくさんの「かわいい」に触れ、「かわいい」に対するアンテナは高まり、どんな小さな「かわいい」にも反応できるようになったはず。

端的に言えば、よりちょろくなったはず。

 

 

弊社たそのかわいいところ。

多数のアイドル現場やコンカフェに通い「かわいい」に触れた経験をもってしても、思い浮かばない。

 

 

むしろ多数のハイレベルな「かわいい」に触れたおかげで、本当にかわいいものにしか反応できなくなった気がする。

ちょろくなったのは「かわいい」ものに対してであり、「かわいい」の判定基準はむしろちょろくなくなったのだ。

 

 

弊社たそのかわいいところ。

お金をくれるところ。

 

 

以上。解散!