読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

1500円のチェキは買えてもハンドクリームは買えない問題

コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。

 

先日、職場の綺麗なお姉さんが、小洒落た良い香りのするハンドクリームを使っているのを見ました。

 

「素敵な方は使う物も素敵ね」と思い、肘も倣おうと雑貨屋さんへ赴きました。

ロクシタンやら、ジルスチュアートやら、パッケージがかわいく良い香りのハンドクリームが並んでいます。

(スチュアート?ステュアート?それすらわからない)

 

ジルスチュアート JILL STUART リラックス ハンドクリーム R 30g [並行輸入品]

 

手に取りました。

すぐに戻しました。

 

1500〜2000円ほどのお値段に驚いたからです。

 

 

これまで買ってきたハンドクリームは確か、200円程度。ドラッグストアで200円程度。

 

えっ???

ハンドクリームが???

これまでの10倍くらいのお値段???

アイドルさんとチェキ1枚撮れるよな???

 

 

 

そう。

アイドルさんとのチェキは大体1500円。

 

 

チェキについて冷静に考える。

1回のライブで1枚のみということはなかなかない。大体2〜3枚撮るし、多いときは5枚くらい撮る。

(それでももしかしたら、他の人からしたら少ないかもしれないくらいだ)

 

 

チェキに1500円を払うのはとても気持ち良く、清々しい気持ちで払っている。

ハンドクリームに1500円を払えないのは何故だろう。

 

 

そもそも1500円のハンドクリームを使ったことがない。

使わなければ価値だってわからない。

一度勇気を出して使ってみれば、今後の肘の中のハンドクリーム価格基準が1500円程度に上がるのかもしれない。

 

チェキだって、確かアイドル現場に通い始めた頃は高いと思ったはずだ。そういうことだ。

 

 

 

一念発起して、ジルスチュアートのハンドクリームを手に取った。

 

 

 

レジに持っていく勇気が出なかった。

今度は価格の問題ではない。自意識の問題である。

 

店員さんはあくまでお仕事をしているに過ぎない。一顧客に対し何も考えない。わかってる。

でも、「ジルスチュアートのハンドクリームを購入する肘」が想像できないし、似付かわしくないし、世間に受け入れられないのでは?と考え始めてしまった。

過剰である、自意識が。

 

肘の脳内を「猫に小判」「馬の耳に念仏」といった言葉が踊る。弾幕のように飛び交う。

 

 

 

折衷案として500円のハンドクリームを買いました。

何事も段階を踏むのが大事だと思います。

現場からは以上です。