読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

月曜日のぜつぼう

社会が肘に適応してくれ

コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。

 

月曜日が来る度、

布団の温もりに愛しさを感じ、

布団を抜け出すことに深い悲しみを覚え、

身支度をする手は震え、

通勤の足取りは重く鉛のよう……

 

 

 

ですよね!?

ですよね!?!?

肘だけじゃないですよね、きっと皆さま「あるあるー!!!」って仰ってますよね。

 

まさに、月曜日とは絶望を指すと思うんですよ。

肘的反対語は「金曜日のおはよう」

 

 

 

世の中の思春期真っ只中のキラキラした中高生の皆さんは、

「金曜日のおはよう」に深い共感を得ながら青春を駆け抜けていることでしょう。

良い曲ですよね、「金曜日のおはよう」。かわいい。

 

肘の学生時代は枯渇していたから、おはようのオーディションなんてする機会がなかった。

液晶の向こう側へガチ恋を拗らせ涙する日々だった。

とはいえ、「そんな素敵な青春を送りたかった」と温かい気持ちになる一曲。

曲もかわいいし、数々の「踊ってみた」もかわいい。

ハニワさんってすごいなあ。

 

 

話を戻そう。

月曜日とは絶望である。

何の因果か、「げつよう」と「ぜつぼう」は語感が似ている。母音がいっしょ。

月曜と言えば絶望を想起させ、絶望と言えば月曜を想起させてしまう。

 

 

そうか、月曜と言うから絶望してしまうのかもしれない。

マンデーと言えば絶望しないのかもしれない。

 

 

と、いうことで明日はマンデー!

マンデーだ!マンデーだ!

マンデー!病んでー!帰りてー!

 

 

今、センスのなさに絶望した。