肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

【作文】腰痛から学んだこと(コミュ障ゆとり新入社員 肘)

腰痛から学んだこと

 コミュ障ゆとり新入社員 肘

 

先日、腰を痛めました。

 f:id:kfo_hiji:20170730201249j:image

自転車に乗って買い物に行き、自転車を停めようとしたところで倒してしまいました。

倒れた自転車を立て直そうとして屈むと、「ピキッ」と腰に違和感を感じました。

「この感覚はなんだろう?」と思いながら自転車を立て直すと、じわじわ痛みが増していきます。

f:id:kfo_hiji:20170730201303j:image

「ああ、腰を痛めたんだ。ツイてないなあ!」

 

 f:id:kfo_hiji:20170730201312j:image

そうして翌日、いつも通りに仕事に向かいます。

デスクに向かっていても、

運転をしていても、

備品の運搬をするときも、

どんなときも「腰痛がつらい」、この感情が心を支配します。

ふと、疑問に思います。「果たしてこれは『いつも通り』だろうか?」と。

 

いつもは仕事中、

「今日も先輩に迷惑をかけてしまった」

「先方への動機付けができなくて、他の人より動きが遅れてしまった」

「なんて自分は仕事ができないのだろう」

そんなことばかり考えています。

 

でも、腰を痛めたその日から、「仕事ができなくてつらい」ではなく「腰痛がつらい」、そればかり考えるようになっていたのです!

 

「仕事ができない」とばかり悩んでいるときは、それ以上の悩みがないということです。

身体的健康や友人との関係が脅かされているとき、ある意味「のんき」に仕事のこと「なんて」考えていられません。

 

つまり、「仕事ができない」ことばかり悩んでいるときは、それ以上に致命的な悩みがないということ。

ある意味それは、幸せ、もっと言えば贅沢なことではないでしょうか。

 

今回腰を痛めて、「仕事ができないことに悩める内は幸せ」と考えることができました。

これからも仕事ができなくてつらい日々が続くと思います。それを最たる悩みにできているうちは幸せだと捉え、「仕事以外人生順調!」と声高に叫んで人生を謳歌しようと思います。

f:id:kfo_hiji:20170730201330j:image

ありがとう、腰痛!

 

 

 

 

 

 

と、書きましたが、つらいものはつらいです。仕事つらい。