肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

【社会適応日記】フリスクをキメる。心、落ち着く。【プラシーボ効果】

こんにちは、コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。

 

コミュ障ゆとり新入社員は、仕事が上手くいかない。すぐ何かやらかす。故に、すぐ凹む。

むしろ凹みっぱなし。

凹みすぎてこれがスタンダードなのでは?つまり凹んでいない?と錯乱するレベル。

 

 

テンション劇落ちくん案件

先日もオフィスにいるのにテンション劇落ちくん案件があった。

(劇落ちくんって言えばポップな感じにできると思った)

とはいえ業務中。すぐに立て直し、心を入れ替え業務に励む必要がある。

(元々「励む」と称するほどのモチベーションがあるかはまた別の話)

パソコンのタイピング音が「タタタタタッ」どころか「ダンダンダン」に近付いてることを自覚。コミュ障ゆとり「新入社員」がそれじゃあ白い目で見られること請け合い。あと、パソコンに申し訳ない。ごめんパソコン。

一先ずお手洗いに駆け込み深呼吸。幾分か落ち着く。

しかし、決め手に欠ける。いかに落ち着くか。

 

 

キメよう、フリスク

 デスクに戻って即フリスク

内心、肘はフリスクを心を落ち着かせる「おくすり」と呼んでいる

「これは心を落ち着かせる作用のあるものだ」と思って口に含むと、本当に落ち着いてくるものだ。万歳プラシーボ効果

 

1粒で落ち着かないこともある。

そんなときは2粒、3粒と数を増やして服用する。

 

 

キメすぎて痺れる

先日はなかなか心が落ち着かず、フリスク1粒では足りなかった。

これまでの最大同時食数は3粒。

あまりに仕事が上手くいかずモヤモヤ感が半端ないため、いっそ一気に5粒行ってやろう!と口に含んだ。

結論、5粒はやりすぎだった。

クラシエフーズ フリスク ブラックミント 8.4g×12個

肘の愛用フリスクは、一番刺激が強いであろう「ブラックミント」。

5粒も一気に口内に入れると、スーッとした爽快感を超えた「キメてる感」がある。

口内はパチパチしてつらいものの、モヤモヤは吹っ飛ぶ……と思ったそのときである。

 

prrrrrr……

社外から電話がかかってきた。出ないわけにいかない。

お茶で一気にフリスクを飲み込み、電話対応。

 

電話対応を終えるも、心を持ち直す「儀式」が消化不良で終わってしまったことでもやもやする。

再びフリスクを5粒同時に口に含んだ。

 

prrrrrr……
社外から電話がかかってきた。出ないわけにry

コントかよ、と思いつつお茶で一気にフリスクを飲み込み電話対応。

 

電話対応を終えると、再びフリスクを5粒同時に口に含む。

この時点で合計15粒服用。過剰摂取。

 

結果、全て飲み込み終え口内に何もない状態でも、1時間くらい舌が痺れていた

キメすぎの副作用といったところか。

 

舌が痺れるのは流石に初めてでいっそ楽しくなってきていた。フリスクが精神安定作用を発揮したと言えよう。

 

 

フリスクに期待される効果

フリスクを服用することで期待できる効果は2つ。

  1. 眠気覚まし
  2. 精神安定

 

1については実際にカフェインが配合されているため、確かな効果と言えるだろう。

2の精神安定は完全に「気の持ちよう」「思い込み」の世界である。

 

思い込みでも何でも良い。

フリスクは確かに肘の心を支えてくれている。肘にとっては、確かに「おくすり」で、業務における必需品なのだ。

 

ありがとうフリスク!!!

コミュ障ゆとり新入社員は、今後もフリスクをキメ続けます!!!