肘日記

過激派失恋芸人の華麗なる日常と失恋フェスの記録。コミュ障ゆとり新入社員でもあり、瞬足ご帰宅お嬢様ガチ勢でもある。

コミュ障ゆとり新入社員「自転車がパンクしたので休みます」

こんにちは、コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。

 

【Amazon.co.jp限定】キャプテンスタッグ Oricle 20インチ 折りたたみ自転車 FDB206 [シマノ6段変速 / バッテリーライト / ワイヤー錠 / 前後泥よけ ]標準装備 ブラック YG-777

2日前、自転車がパンクした。

田舎暮らし車なしチャリ通企業戦士としてはピンチである。

シティガールではないので、電車に揺られて通勤という手段はない。

通勤手段は徒歩30分 or 自転車10分。バスは1時間に1本くらい。

 

2日前の朝。

ふとんへの帰巣本能を無理やり押さえつけ、帰りたくて帰りたくて震えながら、1日に使える気力の7割をゴリゴリと削って駐輪場へたどり着く。

自転車に乗る。

 

ぺしゃっ。がたん!がたん!

 

果たして凹んでいるのはタイヤなのか、肘の心か。

漕ぐたび激しく揺れる自転車に、それ以上に揺れる肘の心。

 

ここで肘の取れる通勤手段を再度お伝えすると、

【徒歩30分 or 自転車10分。バスは1時間に1本くらい】である。

バスは本数が少なくて、今からくる便では遅刻。

徒歩でもおそらく間に合わない。

 

その日肘に残された選択肢は「パンクした自転車で通勤」することだけ。

1日に使える気力の残り3割もたやすく奪われながら、がたんがたんと自転車を漕ぐ。

自転車に乗りながら、何度もシミュレーションしてしまった。

「自転車がパンクしたので休みます」と会社に電話する様を。

言わない理性はあれど言う勇気はなかった。

なんやかんやでオフィスに着いていた。

 

言いたいことが言えない。

はー、ぽいずんぽいずんって感じだ。

 

 

よくよく考えると、自転車のパンクは「体調不良」だと思う。

自転車は通勤手段。

通勤手段、すなわち足。

自転車は、肘の足。

足は、体の一部。

足の調子が悪いのは、体調不良。

自転車のパンクは、体調不良。

 

 

1年前にも同じようなこと言ってた。 

諸行無常の世の中で、変わらない安心感をお届けできていれば幸い。

 

 

この記事が投稿される頃は、

「自転車のパンクが直らないので長期休暇に入ります」と会社に電話する様をシミュレーションしながら、仕方なく歩いて通勤していると思います。

たぶんBGMはPOISON。