肘日記

過激派失恋芸人の華麗なる日常と失恋フェスの記録。コミュ障ゆとり新入社員でもあり、瞬足ご帰宅お嬢様ガチ勢でもある。

豚で良いから満足したい

こんにちは、コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。

 

満足した豚であるより、不満足な人間であるほうがよい。
満足した馬鹿であるより、不満足なソクラテスであるほうがよい。

 

有名な哲学者のミルさんがこんなことを言ったらしいですね。

コミュ障ゆとり新入社員(留年)たる肘はよくこう思います。「豚で良いから満足させて」と。

 

三びきのこぶた (世界名作ファンタジー2)

 

先の名言は「低級な快楽に溺れるのではなく、不満足でも高邁な欲求を追求した方が良い」みたいな意味だったと思うんですけど、まあその辺はあまり気にならなくて、とにかく肘は毎日「豚で良いから満足させて」と思うわけです。

特に朝。出勤する日の朝。もはや「豚になりたい」とまで思っています。すみません流石に嘘です。

 

 

豚にはなりたくないけど、毎朝のルーティンはこんな感じ。

 

朝起きて、「出社」という絶望を受け入れられず、アラームのスヌーズ機能が10回くらい活用されながら、諦めて起床。

内心で叫ぶ。

「寝たい。赴くままに惰眠を貪りたい。」と。

 

スヌーズ機能をフル活用してだるさを増幅させた身体を鞭打ち、自転車に乗る。

「会社じゃなくて学校に行きたい。本当の肘は14歳のはずだ。」

 

身体がだるおも、圧倒的だるおも。

「出社する前から帰りたい。」

 「宝くじで1億円当てたい」

「2000兆円欲しい」

「呼吸するだけでお金を生み出したい」

 

おそらく「労働を通して自己実現するぞい!」みたいな人は思い浮かばないであろう低俗な欲求が渦巻いて、渦巻いた結果、自転車を漕ぎながら叫び出すわけです。

 

「豚で良いから満足したい!」

「豚で良いから満足したい!」

「『豚で良いから』というのは豚に失礼だ!豚はおいしい!」

「豚しゃぶ食べたい!」

「鶏もおいしい!」

「牛肉だっておいしい!」

 

「人の金で焼肉が食べたい!!!」

 

 

色々考えた結果、肉を食べればどうにかこうにか、だましだまし働いていけそうです。

さあ、今日も諦めて出勤だ!弊社たそぺろぺろ!(自己暗示)

 

以上、コミュ障ゆとり新入社員かつ「不満足な豚」たる肘でした。