肘日記

虚無ガチャの輪廻から解脱を迎えた平穏な日々と、弊社たそや労働への悪態と、ねこになりたいって言ってます。だいたい。

美術館未遂

「いつもとちがうことをしよう」

思い立った日曜日。

秋葉原に繰り出したり、飲んだりではない、いつもとちがうことをしようと思い立った。

 

いつもとちがうこと。

肘らしくないこと。

 

そうだ、美術館、行こう。

 

肘には芸術がわからぬ。

肘は、芸術をわかろうともしてこなかった。学生時代、美術の成績は5段階評価で3が取れればラッキー。

肘は芸術センスというものを持ち合わせてもいなければ、芸術に対し努力しようという気概さえ持ち合わせていなかった。

怠惰。芸術に関して肘は「怠惰」が服を着て歩いているといっても過言ではない。

 

美術館に行ったところで、展示品を眺めても何にも、ただの一つも理解はできず、「なるほどわからん」「解せぬ」しか言えないことは容易に想像がつく。

しかし、芸術に触れ「解せぬ!」とじたばたすることも、「いつもとちがうこと」としてまた一興ではないかと思い至った。

 

 

 

f:id:kfo_hiji:20210207144146j:image

美術館。

普段出入りすることのない美術館。

校外学習で先生に連行されて以来の美術館。

緊張するが、「いつもとちがうことがしたい」ただその一心で門をくぐる。

 

 

 

 

 

 

チケット購入まで40分、入館まで30分待ち

 

 

 

 

美術館を後にした。

「解せぬ」とじたばたするために70分は待てなかった。

チケットブースまでは長蛇の列。肘のような芸術ドFランではなく、真に芸術を愛する方々が並んでいるに違いない。

場違い。そう、場違いに違いない。

 

 

 

f:id:kfo_hiji:20210207144535j:image

近くのケーキ工場併設カフェで一息。

「いつもとちがうこと」は難しい。

ケーキの甘さに慰められた。

 

 

 

おわり!