読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。そっ閉じされがち。

【社会適応日記】パワースポットでコミュ力という「パワー」を授かりたかった

コミュ障新入社員の社会適応日記

こんにちは。コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。

 

f:id:kfo_hiji:20160827234853p:image

 

突然ですが、皆さんはパワースポットへ行ったことがありますか?

肘はこれまでパワースポットというものに特段興味を持っていませんでした。しかし、先日旅行でたまたま行き着いた先がパワースポット。

そこで脳裏によぎる一つの仮説。

 

 

パワースポットというくらいなので、コミュ力という「パワー」を得ることもできるのではないか。

 

 

きっと肘以外のコミュ障の皆さんも同じことを考えているのでは?

ということでぐぐると……

 

f:id:kfo_hiji:20160827231837p:image

 

うーん、あまりコミュ力と関連のあるパワースポットは報告されていないのかな、と。

 

ということは。

もし、肘がパワースポットで祈ることによりコミュ力が上がれば、パワースポットに新たな価値を見出すことができるようになるのでは!?

 

 

まあそこまで深く考えてはいなかったんですけど、とりあえず祈ってきました。

 

f:id:kfo_hiji:20160828001103j:image

   

と、ここで問題が発生します。

パワースポット入口付近の立て札にて、「無病息災・子孫繁栄にご利益がある」と明言されているのです。

ご利益のあるものが明言されていて、そこに「コミュ力が上がる」とは書かれていない。つまり、そのパワースポットでコミュ力を授かるのは厳しいのではないか、と。

 

 

そこで肘は解釈によってご利益を得ようと試みます。

 

「コミュ障という病が治る」こと(=無病息災)とか、「コミュ力という子孫が繁栄する」(=子孫繁栄)ことを祈ってきました。  たぶん神様も驚かれたことでしょう。

 

 

 

今後コミュ力が上がったら、お礼参りをすると共に報告記事を上げようと思います。上がらなかったらお察しください。

あと、コミュ障向けパワースポットの存在をご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

 

コミュ障ゆとり新入社員なので、飲み会のことを「コミュニケーション課金」と呼んでしまう

コミュ障新入社員の社会適応日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。

 

留年ではなく新入社員「一年目」において、肘は飲み会が嫌で嫌で仕方ありませんでした。

飲み会慣れしていないので上手く気を回せず、場を盛り上げるトークもできず、全身を襲う気まずさで爆発しそうになるからです。

 

 

ノー残業デーに飲み会が入ると「悪夢の水曜日」と内心で叫び、咽び泣いていました。

早く帰って一人になって、誰の目にも晒されず何も気を遣わずにだらだらしたい。そう考えていました。

 

今もこの考え、退社後即直帰への欲求は消えることはありません。

しかし、以前よりも飲み会と聞いた時の抵抗感が薄れてきました。コミュ障ゆとり新入社員は何故、飲み会への抵抗感が薄らいだのでしょうか。

 

 

 

コミュ障ゆとり新入社員の飲み会への抵抗感が薄らいだ理由

  1. 飲み会でのマナーや振る舞いが、入社したばかりの時よりも身に付き不安が軽減されたため
  2. 自分も周囲も酔うことでテンションが上がり、コミュニケーションが取りやすくなるため

 

大きくこの2点が理由だと思います。

ここでは特に、2について語りたい。

 

 

 

酒はコミュ障を誤魔化すサプリメント

酒で「コミュ障が治る!」とまでは思いません。話題に困るし場を盛り上げることは相変わらずできません。

しかし、場に合わせてニコニコしておくことは素面の時より容易にできる気がします。

 

酔っていないクリアな思考回路では「家に帰って○○したい。人目に晒されず自由にだらだらしたい。」といった欲望が頭をぐるぐるし続けます。

しかし、酔ってしまえば良くも悪くも頭が回らず目の前の情報のみを受け取りやすくなる気がします。そうすることで、自分の聞きなれない話題や盛り上がり方のときも、とりあえずニコニコしやすくなります。「楽しい!」と感じるハードルも下がりやすいのでしょう。

 

つまり、酒を飲むことでコミュニケーションに対する環境面及び心理的ハードルが下がるのではないか、と思うのです。

 

 

 

飲み会は「コミュニケーションへの課金」

f:id:kfo_hiji:20160814175445j:image

コミュ障ゆとり新入社員にとって、普段の業務中にユーモアを効かせた小粋なジョークを挟み込み、周囲と良好な関係を築くのは至難の技です。

その中で、飲み会の場は上述の通りコミュニケーションへのハードルが下がりやすい。通常業務よりもコミュニケーションを取りやすい場へ時間とお金をかける。つまり、飲み会はコミュニケーションへの課金と捉えられるのではないでしょうか。

 

コミュ力の不足を課金で補う。

それが可能と気付いた時、肘はちょっとわくわくしました。

飲み会を「コミュニケーション課金」と捉え直すことで、若干抵抗感は薄らいだのです。

 

 

 

とはいえ帰りたい飲み会もある

……とか書いてきたけど、「コミュニケーション課金」的な側面より、職場の人たちに慣れてきたからって理由の方が大きい気がします。単純にうちの先輩方が優しかったり面白かったりするからかもしれない。

偉い人たちとの飲み会って言われたら帰りたみで爆発しそうだもん。

 

まあでも、そういう気まずさを払拭していくための課金という捉え方は個人的に気に入ったので、帰りたみで爆発しそうなときは「コミュニケーション課金!コミュニケーション課金!」と唱えながら飲み会に参加しようと思います。

美女に好かれたければ、白湯を飲みなさい(妄言)

雑記

白湯を飲み始めました。

ダイエットのため、少しでも良いと思うことは試してみようという心意気です。

 

白湯毒だし健康法 (PHP文庫)

 

とはいえ、夏。

この暑い中温かいものを飲む習慣が付くのでしょうか。

もっと別のモチベーションが必要だと思います。

 

そこで肘は、一つの仮説に辿り着きました。

 

 

 

白湯を飲めば美女に好かれる説

 

まあ、一先ず話を聞いてくれ。

画面をそっ閉じしたくなる気持ちはとても良く伝わりますが、まずは聞いてくださいお願いします。

 

 

「共通点があると好意を抱きやすい」

こんな説を、一度は皆さん耳にしたことがありますよね。

 

想像するに、白湯を飲む習慣は多くの美女が持っていると思うのです。

 

 

例えばこちらの記事にも、以下のように紹介されています。

もともと、白湯ダイエットは芸能人の方が始められたということで一気に人気が高まりました。中でも白湯ダイエットをされている芸能人は深田恭子さん、宇多田ヒカルさん、江角マキコさん、桐谷美鈴さん、スザンヌさんなど、名前を挙げると次々と出てくるほどです。

 

深田恭子

深田恭子 写真集 『 Blue Moon 』

 

 

桐谷美玲

美玲さんの生活。super!

 

白湯を飲む習慣のある方として、錚々たるメンバーが挙げられています。

 

 

つまり、白湯を飲むことで、錚々たる美女と共通点を持つことができる。

イコール美女に好かれる確率が上がる!

……という仮説が立てられます。

 

 

そう考えると白湯は素晴らしい。

飲むだけで美女に好かれる可能性を高めてくれるのだから。白湯は素晴らしい。

 

 

白湯がきっかけで美女と仲良くなれたらブログで報告しますね!!!来たるその日が楽しみです!!!

夜の高速ドライブってカジュアルに命かけすぎだし、肘はガンダムになれない

雑記

f:id:kfo_hiji:20160801220559j:image

 

うんてんこわい。

こんばんは、コミュ障ゆとりペーパードライバー新入社員の肘です。

 

ペーパードライバー歴2年以上の、ベテランペーパードライバーたる肘にとって、「夜の高速道路ドライブ」は大きな恐怖です。

 

暗いからいつ眠気が来るかわからないし、

ちょっとハンドル操作ミスったら高速でドーンでバーンで爆発!って感じだし、つまり命がけ。

でも、夜の高速道路ドライブってかなり日常に埋め込まれてるじゃないですか。そんなに変わったことではないじゃないですか。

 

そんなにカジュアルに命かけていいの!?!?

と肘は思うのです。

 

ガンダムを運転するのが日常、とかなら、ガンダムパイロットなら話はわかるのです。毎日が命がけ。

でも肘はガンダムパイロットじゃないし。ただのコミュ障ゆとり新入社員だし。

運転していてふと疑問に思ったのです。「あれ?今この瞬間命かかりすぎじゃない???」って。

 

まあ、本来人生って一瞬一瞬命がけだとか、そういうことは置いておいて、

ひとつ、確かなことがあります。

 

自動車の運転すらまともに出来ない肘には、ガンダムを乗りこなせないということ。「俺はガンダムになれない」。

 

ガンダムデュエルカンパニー/第2弾/GN-DC02PL-002刹那・F・セイエイR6

 

肘もガンダムになれない。

「新入社員を留年する」とはどういうことか

社会が肘に適応してくれ

コミュ障ゆとり新入社員(留年)。

なんとなく、語感が気に入って名乗っています。そんな感じのふわっとしたものなので、「新入社員を留年する」とはどういうことか、これまで深く考えてはいませんでした。

 

せっかくなので、後乗せさくさく感が否めませんが、「新入社員を留年する」とはどういうことか、考えてみようと思います。

 

 

会社における現在の肘

  • コミュ障
  • ゆとり
  • 帰りたい
  • 業務を覚えきれていない
  • 自分で考えて動けない
  • とにかく帰りたい
  • 発想力がない
  • 内心一日100回「帰りたい」って呟く
  • 帰りたいってツイッターでも呟く
  • 実行に移すまでが遅い
  • 退勤時帰宅への喜びで満ち溢れる

 

 

求められそうな二年目としての姿

  • 円滑な人間関係を築く
  • 帰りたいと思わず集中して業務に取り組む
  • 熱意を持って取り組む
  • 業務を覚え自力でこなす
  • すぐ帰りたがらない
  • 自分の意見を持つ
  • 内心で「帰りたい」と一日3回以上呟かない
  • ツイッターでも帰りたいとか眠いとか言わない
  • スピーディーに取り組む
  • 求められる業務を察して先んじる

 

 

ここで挙げた現状と理想の乖離こそが、「新入社員を留年する」という状態かと思います。

具体的に記してみます。

 

 

 

「新入社員を留年する」とは

  • すぐ帰りたがる
  • 仕事に対して受け身
  • 実行までにタイムラグがあり仕事が遅い
  • 帰宅に対し全身で喜びを感じる
  • 業務の覚えが悪い
  • 考える前に先輩に聞いちゃう
  • 人間関係を円滑にするだけのコミュ力がない
  • ツイッターで帰りたいと眠いのゆとりツイートダブルコンボを決めがち
  • 帰りたいという強い願望から虚空を見つめがち
  • 帰り道「わーい!帰れる!わーい!」と思わず声に出してしまう
  • 帰宅が嬉しくて道中スキップしてしまう

 

 

新入社員として身につけるべき様々なものを「落単」してきてしまったが故の留年と言えるでしょう。

新入社員留年。

 

でも、前向きに捉えたい。

つまりこれって、「つよくてニューゲーム」みたいなものだと思うんだ。

一年前よりちょっとだけ強い自分で、「新入社員」に再チャレンジしていくぞ!

 

 

 

……まあ、職場で新入社員(留年)を名乗る勇気はなくて、結局ちょっと遅れた二年目社員でしかいられないんですけどね。

コミュ障ゆとり新入社員(留年)だけど、いつか何かしら異能力に目覚めて社会と会社をぎゃふんと言わせるぞ。と夢見る14歳的思考で本日は締めさせていただきます。

続・ビールをおいしく感じるようになってしまったからもう14歳を名乗れない

コミュ障新入社員の社会適応日記

前回

 

2016年1月26日。

肘はこう記している、「ビールをおいしく感じるようになってしまったから、もう14歳を名乗れない」と。

 

あれから半年。

心の年齢が14歳であることに変わりはないが、さらに事態は進行。一度の飲み会で飲むビールの量が増えてしまった。

時系列に沿って振り返ろう。

 

 

 

2015年4〜10月頃

ビールはお付き合いで最初の一杯だけ。おいしいとは感じない。

それよりはカシスオレンジとか、レモンサワーとかの方がおいしいし、何ならジュースの方が良い。アルコールおいしくない。

 

 

 

2015年11月頃

……おや?

 

 

 

2015年12月〜2016年1月

年末年始に度重なる飲み会でビールのおいしさに気付いてしまう。

ただし、酔って失言するわけにはいかないので、一度の飲み会で飲むビールは1杯までに留める。

 

 

 

そして現在。

2016年7月

f:id:kfo_hiji:20160728002745j:image

あ〜〜〜ビールおいしい!ビールおいしい!次も生!その次も生!

このように、一度の飲み会で3杯くらいビールを口にするようになってしまった。

 

 

これは「14歳」を名乗る肘にとって由々しき事態だ。

ビールを飲む量に反比例して、肘の「14歳らしさ」がマッハで減少していく。

 

飲む量が増えた原因を考える。

おそらく、肘のコミュ力の大幅な欠損を補うためではないか。

 

もちろん、ビールを飲んだところでコミュ力は上がらない。だから話題も出てこないし、気の利いた発言もできない。しかし、「とりあえずへらりと笑っておく」のは、ビールを沢山服用し頭を働かない状態にした方が円滑に行える。その意味で、ビールはコミュ障をごまかす薬と言えよう。

 

 

薬と表現しているが、薬らしく副作用もある。

頭が働かずいつも以上にゆとり根性が増幅し、新入社員に求められるであろう気配りができなくなる。

 

 

とりあえずへらりと笑い、些かばかりでも場に溶け込むか。場に溶け込めずとも、新入社員らしい気配りをする姿勢アピールを欠かさないようにするか。

飲み会の場における「生きるべきか死ぬべきか」的命題。

 

 

ここで気付くコミュ障ゆとり新入社員的最善解は、「とりあえず直帰」ということを悟ったところで、本日もお先に失礼します(・ω<)

 

 

追伸

一番好きなお酒はメイドさんが目の前で「しゃかしゃか」してくれるオリジナルカクテルです。

メイド喫茶「Diamaid」へ女一人で行ってみた

コンセプトカフェに女一人で行ってみた

かわいい女の子とのコミュニケーションに課金して生きています。肘です。

 

今回は、2016年7月7日に秋葉原移転オープンしたばかりの「Diamaid」へ行ってきました。

 

 

女の子の家をモチーフにしているらしく、とてもかわいらしいお店です。衣装やフードメニュー、店舗デザイン等メイドさんが主体的に作り上げたようです。クリエイティブ!!かわいい!!

 

 

 

 

入店しやすさ

大通りから一本裏道に入る必要があるのと、若干ビルの入口がわかりづらいかもしれません。気を付けて歩かないと通り過ぎちゃいそう。

ビル3階に入っているので、外から中の様子が見えないこともありちょっと勇気が必要でした。

 

エレベーターで3階に上ると、目の前には白いドア。やはり中は見えません。

勇気を出して扉を開けると、とてもかわいらしい空間が広がっていました。勇気って大事。

 

 

 

お店の雰囲気

 

パステルカラーの連続。とてもかわいい。

メイドさん曰くお嬢様の来店も多いそうです。肘も女の子連れて行きたい。

他店のメイドさんからも人気なようで、「Diamaid行ってきました!」なんてツイートをよく見かけます。

 

f:id:kfo_hiji:20160719221915j:image

壁紙も自作のようです。かわいい。

 

f:id:kfo_hiji:20160719221932j:image

テーブルもかわいい。このイラストもメイドさんが描いたんですって。クリエイティブ。

 

 

 

メイドさんについて

 

まず、メイド服がかわいい。ピンク、水色、グレー等様々な種類があるそうです。もちろんメイド服もメイドさんがデザイン。女の子のツボを全力で抑えに来るかわいらしさです。

 

自分たちで作ったお店だからこそ、こだわりが沢山あるようで、初めて伺った肘にもたくさんのおすすめポイントを教えてくれました!

 

 

メイド長のうららしろんさん。

スタイル良すぎだし、ツイッターで見て色々ドキドキしてたのですが(ツイッターの写真を見るべし)、実際にお会いするとさらにスタイルの良さに震えが止まりませんでした((((゚Д゚))))

 

 

 

お料理

 

フードメニューも手間暇かかったかわいらしいデザインです。

肘は夕飯の後に行ったため、ごはんの味はわからず……。

 

f:id:kfo_hiji:20160719223052j:image

 

でも、食べてきたアイスケーキはとてもおいしかったです!

 

フードメニューがかわいいと、女の子が写真を撮ってinstagram辺りに挙げるのにも都合が良いのでは?笑

インスタ女子にもおすすめ!ちなみに肘はインスタはなんとなく使いこなせません!キラキラしていて眩しくて使いこなせません!

 

 

 

総評:女の子どうしできゃっきゃしたい

何から何までかわいい空間なので、癒されたい男性はもちろん、女の子どうしで行って「かわいい!」の言葉だけでコミュニケーションを交わすのも楽しいと思います。

本当にかわいいものを前にすると、まじで「かわいい」しか言えなくなるんだよな。語彙力がログアウトする。

 

オリジナルグッズもとてもかわいいので、お揃いで買って楽しむのも大いにあり。

 

もちろん、女一人でもとても行きやすいお店です!

外から見えないから人目が気にならないし、「お嬢様」の来店が多いからかメイドさんも驚かずに対応してくれます。紅茶のメニューも豊富なので、一人でまったりするといった利用法も良いですね。

 

 

またかわいいを全身で感じたいときに伺おうと思います。

 あーーー秋葉原近辺に住みたい!!!