肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

ポッキーの日を過ぎましたが私は毎日心がポッキーの日

こんにちは、コミュ障ゆとり新入社員(留年)の肘です。

 

江崎グリコ ポッキーチョコレート 2袋×10個

11月11日はポッキーの日でしたね。

肘はポッキーは食べずに天ぷらを食べてきました。

 

f:id:kfo_hiji:20171112210501j:image

串に刺さってる=棒≒ポッキーと言っても過言ではない。実質ポッキーの日を謳歌しました。

 

ポッキーの日を終えましたが、肘の心は毎日ポッキーです。

厳密にいうと「毎日」ではなく「出勤の度毎日」。休みの日はポッキーというよりチーズのようにのびのびしている。

 

「会社」という場で弱音を吐くことは許されない風潮が強くて、「心が折れました」なんて言おうものなら、

「何を言ってるんだこの甘ったれ!ゆとり!クビ!!!」

と言われかねない環境である会社が多いと思うんですよ。

 

言えないなら「見せれば」良い。

 

 

心が折れたらポッキーを掲げよう

f:id:kfo_hiji:20171112211752j:image

「心が折れた」と言えないなら、ポッキーを掲げて「見せれば」良い。

 

上司に怒られたらポッキー。

先輩に怒られたらポッキー。

後輩に呆れられたらポッキー。

お取引先様に白い目で見られたらポッキー。

 

自分の勤務時間内のシチュエーションで、いつポッキーを掲げたいか考えたら、むしろほぼ掲げっぱなしで引いた。

 

こんなに掲げてたらすぐポッキーなくなっちゃう。

そうだ、こんな方法はどうだろう。

 

心が折れたらポッキーを差そう

G1071-09-301 FLOWER MINI POSY VASE TLA2224

キングジム ペンスタンド カラーユニッツ 7501 黒

花瓶!ペン立て!

ポッキーを差せそうなものはいろいろありますね!

心が折れる度、ポッキーを一本差す。

たまにうっかり上司のペン立てにポッキーを差す。

これならすぐに何箱も消費してしまうということはないですね。

 

問題は衛生上、一本一本ラップで包む配慮が必要ということでしょうか。

なるほど、手間がかかる。

 

 

なんて妄想をしながらポッキーを食べれば全て解決

全ては妄想。

倫理的衛生的に上記の実現は不可能なわけです。少なくとも、肘の理性と勇気をもってしては。

 

ただ、この記事を書きながら、「おいしいポッキーを食べれば、笑顔で働けるんじゃないかなあ」と思いました。

ポッキーは掲げるものでも差すものでもなく、食べるものです。

 

心が折れたときに備えて、明日からデスクにポッキーを備えて働きます。

 

今週も生き抜きましょう!!!∠( 'ω')/