読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肘日記

コミュ障ゆとり新入社員(留年)が社会適応を目指したり、メイドカフェを巡る日記。意識は低いが自意識は高い。

ビールをおいしく感じるようになってしまったからもう14歳を名乗れない


f:id:kfo_hiji:20160126232633j:image

ビールをおいしく感じるようになってしまった。

20歳になってすぐ、周囲に勧められビールを飲んでみた。
でも、おいしくなかった。苦いし、これを飲むならジュースを飲んだ方が100倍幸せだ。心底そう思っていた。
周りの大人は言う。「大人になるとおいしくなるんだよ」と。

そして今、肘は、ビールをおいしいと感じるようになってしまった。

正直肘の心はまだ中学二年生14歳である。
そもそも社会人ですらない。
何故肘は中学校に向かわず会社に向かっているか、毎日不思議に思うくらい14歳だ。

でも、ビールはおいしい。
つまりこれは、「14歳でいることを諦め、社会に適応しろ」という天からのメッセージではないか。

苦さはあまり感じなくなった。
手っ取り早く酔える。頭が働かない分、コミュ障をつらいと思わずマイペースに振る舞える。
もしかしたら、ビールはコミュ障を治す薬にもなるのかもしれない。


それでも14歳であることも諦められないから、レモンスカッシュでも飲もうかと思うのだった。